ご存知ですか!3歳以上のワンちゃん約8割が歯周病!?

3歳以上のワンちゃん約8割が歯周病!
「3歳以上のワンちゃんの約80%が歯周病に罹患している!」
CMなどで情報が流れていたので一度は聴いたことがある飼い主さんも多いと思います。
成犬の歯の本数は何本あるか知っていますか?

・・・正解は、42本です。

パグのようにアゴが小さな子は、大体歯並びが悪く歯石が着き易いと言われています。
歯の健康は長生きの秘訣です。
歯周病にならないためには、週2~3回のマウスケアが大切です。
マウスケアのススメ!
今回は歯周病の原因とマウスケアの方法を書きたいと思います。

歯石と歯周病の原因

歯周病は、ワンちゃんに多い口腔内の代表的な病気です。
歯周病とは、歯垢や歯石が原因で歯の周辺組織が炎症を起こる病気で、人間でも多く見られますがワンちゃんにもとっても多いです。歯垢にはさまざまな細菌が含まれており、放置すると歯石となります。歯石は細菌を含みませんが、歯の表面が凸凹になるためより歯垢が付きやすくなります。

歯垢は歯みがきで落とせますが、歯石は一般的には落とすことができません。

ワンちゃんの場合、歯垢が歯石に変わるスピードがヒトより早い(約3~5日)ため歯周病にかかりやすいのです。
歯周病も初期であれば動物病院で歯石除去や歯周ポケットの清掃などを行えば症状は良くなります。
しかし、症状が進むと場合によっては歯を抜くことが必要となってきます。

動物病院での処置は全身麻酔が必要となるため、歯石が付く前に家庭でのマウスケアで歯垢を落とすことが重要です。

歯周病を放って置くと

歯周病を甘く見てはいけません。
放って置くと、歯茎が腫れ上がり痛くてごはんが食べられなくなったり、膿んで目の下に穴が開く、アゴの骨が脆くなり折れたり砕けたりすることだってあります。

また歯周病菌は歯茎から身体の内部に侵入し、内臓疾患や心不全などを引き起こします。
炎症で免疫力を消耗してしまうと癌など悪性腫瘍に抵抗する力も低下してしまいます。

先ずはマウスケアに慣らすこと

マウスケアをしてあげる飼い主さん自身が焦らず楽しみながらしてあげることが重要です。
嫌がるワンちゃんを押さえつけたり、いきなり歯ブラシを口の中に入れてしまうのは、マウスケア嫌いになる原因ですので、はじめは歯ブラシ無しで練習しましょう。

STEP1:口を触られることに慣らします。
まずは口元を優しくタッチし、すこしずつ触る時間を延ばします。触られるのに慣れたら、そっと口元をめくり、歯、歯茎にタッチ。最後に奥のほうに指を入れます。※口は閉じたままで大丈夫です、短い時間から徐々に慣らします。

STEP2:ガーゼでこする。
水で濡らしたガーゼを指に巻きつけ、前歯からこすっていきます。慣れたら徐々に奥へ。

STEP3:歯ブラシを使いブラッシング
ここまできてはじめて歯ブラシを使いブラッシングします。まずは前歯の外側からゆっくりやさしくブラッシングします。前歯が慣れたなら、少しずつ奥へ。奥歯まで磨けるようになったら、歯の裏側を磨きます。※犬歯や奥歯が特に歯石が付きやすいので注意です。

この3STEP、重要なのは1つできたらほめることです。終わったら遊んであげたり、散歩にいくなどワンちゃんにとって楽しいことをしてあげましょう。また、嫌がったらすぐに止めましょう。無理強いはマウスケアが嫌いになり逆効果だからです。時間はかかりますが少しずつ慣らして行きましょう。

それでもマウスケアできない場合・・・

それでもマウスケアをさせてくれない場合は、(株)KPSのマウスクリーナーを使いましょう。
マウスクリーナー
【使用方法】飲み水に混ぜてご使用下さい。飲み水300mlに対して本品5ml(小さじ1杯)入れてよくかき混ぜて下さい。できるだけ長期間続けて頂くことをおススメします。
【成分】蒸留水、亜鉛、ビタミンB、グリセリン(コーン以外の野菜)、天然ピート抽出液
※保存料、着色料などは一切使用しておりません。

マウスケアのススメ!についてまとめ

子犬のころよりマウスケアしていないとなかなか歯磨きさせてくれない子も多いでしょう。ケアグッズを利用するなど工夫してケアし長生きを目指しましょう!

犬のサマーカットは危険!?-暑い夏を乗り切るにはレイキングがオススメ!

犬のサマーカットは危険!?
今年も毎日暑い日が続いています。
見た目が涼しそうと言うことでサマーカットをする飼い主さんが多くいます。
でも、実は効果が無いどころか危険だって知ってますか?
サマーカットの弊害と暑い夏を乗り切る為のオススメな処理方法をお知らせします。

サマーカットの弊害

ワンちゃんの肌は人間の1/3~1/5の薄さで、とてもデリケートで傷つきやすい構造です。
被毛はそのデリケートな肌を守るバリアの働きをしますので、短くカットしてしまっては本来の役目を果たせません。被毛は次の外的刺激からワンちゃんを守っています。

  • 紫外線(日焼け)
  • 虫(虫刺され)
  • 草の汁(アレルギーの原因の一つ)

肌が見えるほど被毛を短くしてしまうと、紫外線のダメージを直接肌が受けてしまったり、散歩で草むらに入ったとき虫がつきやすくなったり草木の枝などで肌を傷つけてしまいます。
また、バリカンで短く刈ってしまうことで毛質が変わってしまったり、上毛と下毛のダブルコート(パグの場合、フォーンがダブルコート、ブラックはシングルコートが多い)のワンちゃんはあまり短くするとホルモンバランスを崩してしまい二度と生えてこない場合があります。

実は熱を遮断するトップコート

ある実験によると、気温38℃、快晴の状態で8cmの被毛で覆われた体温は42℃止まりだったそうです。そのときの毛の先の温度は輻射熱で85℃になっていても、空気を含んだ被毛が断熱材の働きをし熱中症を防いでいるそうです。厚い断熱材で覆われた保冷バッグを例に考えてみてください。冷えた飲み物を保冷バッグに入れておけば、長い時間飲み物は冷たいままですが直接外気に触れていればすぐ温くなってしまうのと同じです。

オススメの処理方法はレイキング

効率よく空気の層を作るには、あまり毛が密集してない方が良いので、抜けてしまったアンダーコート(死毛)を除去しておくことが大切です。トリミングサロンでレイキングをお願いしましょう。サロンでは、トリミングナイフを使い全身を滑らすようにアンダーコート除去処理をしてくれます。店舗によって料金は異なりますが、500円~2,000円/30分程度だと思います。死毛を除去することで毛艶が良くなり適度な刺激で肌の健康にもつながります。

ご自宅で処理するなら

とは言っても多頭飼いが多いパグちゃんにとってレイキングをするにはお金がかかります。ご自宅でもアンダーコートの除去は可能です。毎日のブラッシングで除去できますがスリッカーブラシではなかなか大変なのでシェッドバスターやファーミネーターを使うのをオススメします。使い方が簡単なので直ぐに慣れると思います。
KPSシェッドバスターRα(アルファ)
毎日のケアにオススメのセミナーもありますので参加してみてはいかがでしょう?
ブラッシングが好きになる!(一般飼い主様向け)

サマーカットの危険!?についてまとめ

いかがでしたか?サマーカットについていろいろ書きましたが、まとめると次の通りです。

  • 肌が見えるほどカットしない
  • トップコートは断熱材
  • オススメの処理はレイキング
  • ご自宅ならシェッドバスター、ファーミネーターを使う

ソレダメ!な習慣-こんな抱き上げ方していませんか?

ダメな習慣-こんな抱き上げ方していませんか?
以前、お友達のパグちゃん(5歳)が急に歩けなくなりました。
今までなにげなくやっていたことがとんでもない間違いだったのを知りました。急に歩けなくなる様なことにならないために気をつけたいことです。

原因は抱き上げ方だった

原因は、前足の麻痺によるもので首や脊椎のどこかに何らかの力が加わり圧迫されることによるものだと言うことです。
では、なぜ圧迫が起こったのでしょうか?
それは抱っこの仕方に問題があったのです。

ソレダメな抱き上げ方

ソレダメな抱き上げ方、ソレマルな抱き上げ方
パグちゃんは、抱っこして欲しい時など、後足で立ち上がり「抱っこして!」と寄って来る事ありませんか?人間の赤ん坊と同じように脇の下に手を入れて抱き上げる・・・これがダメなんです。

では、何故こういう抱き上げ方がダメなのでしょうか?

  • ワンコの前足は、横には広がるが、水平までしか上がらない。
  • ワンコの肩甲骨は、筋肉で繋がっていて、直接骨に繋がっていない。

脇の下に手を入れて持ち上げると、全体重が前足の付け根ににかかり、無理な方向にひっぱられるのでワンちゃんにはとてもきついのだそうです。また、高齢になるにつれ筋肉が固くなるので負担がもっと大きくかかります。脇の下には神経が集中しているので痛めてしまうこともあります。

抱き上げ方まとめ

抱き上げるとき、脇の下に手を入れて抱き上げてはいけません。
ワンコと同じ高さまで腰を落とし、片手をお尻の下に入れ、もう一方の手で首の辺を支える感じで持ち上げる。絶対に前足の付け根に力がかからないようにいましょう。

それでもドッグフード食べさせますか?-手作りごはんのススメ!

手作りごはんのススメ!
ドッグフードがどの様に作られているか知ってますか?

ドッグフードのメーカーはたくさんありますが、実は海外の何箇所かの工場で作られています。そして船で日本国内に運び各メーカーごとに袋に詰め替えられて売られます。ドッグフードがどのように作られているか、知れば食べさせたくなくなるかもしれません。できれば手作りのごはん、もしくは無添加の安心できるフードを与えたいものですね。

肉処理設備で作られる肉骨粉

ドッグフード工場には肉の処理設備を持っています。そこで牛、豚、鶏の死骸や他の動物の死骸をそれぞれ分けることはなく、毛皮、羽、骨、嘴、内臓、脊髄、すべての部位を一緒に処理されます。中には鶏インフルで死んだものやBSE(狂牛病)や他の病気で死んだ亡骸も入っています。病気の伝染を防ぐ為、高温で熱処理され肉骨粉が作られます。高温処理するので栄養価の乏しいスカスカの材料になるのです。これがドッグフードの材料となります。

主原料は遺伝子組替作物

犬は肉に嗜好がある雑食性ですが、肉より多くの小麦、トウモロコシ、大豆が入っています。ドッグフードの成分は、日本のペットフード安全法で表示の義務があり、袋の裏などに記載されています。成分表の一番上に小麦粉などの表示があるはずです。(これは一番多く使われている材料を一番目に表示しないとならない決まりがあります。)安価にする為、遺伝子組換の作物が多く使われていると聞いています。

低栄養価を補う添加物

肉骨粉や栄養価の乏しい炭水化物を使う為、化学合成された添加物がたくさん使われています。また犬の嗜好性を上げるため、臭いや脂を添加します。

船便で痛まないのは・・・

ドッグフードは生産地より赤道を越えて、船便で輸送されます。赤道を通過する時のコンテナ内部の温度は60℃以上を超えるとされ、高温化で酸化しないようにドッグフードの中には大量の酸化防止剤(保存料)が添加されます。ドッグフードの賞味期限は長く、半年以上開封後も常温保管で痛みません。それだけ大量の保存料が入っていると言うことです。

本当に安心?獣医さんのオススメ療養食

「獣医さんがススメルする療法食だから大丈夫」と思われる方も多いでしょう。しかし実際には療法食も同じ工場で作られているため、肉骨粉、遺伝子組替作物、添加物、酸化剤が使われているのです。

ドッグフードについてまとめ

そんな風に作られたドッグフードを大切な家族に食べさせたいと思いますか?

犬は家畜と異なり最終的に人が食べないのでドッグフードは、配合飼料以下の品質です。数年前にたくさんの犬がメラミン入りドッグフードを食べ死んだのが問題となり「ペットフード安全法」が制定されました。しかしメラミンの様な有毒物質の使用が禁止になっただけで、肉骨粉、他の材料、保存料、添加物の使用はまったく規制対象外なのです。「ペットフード安全法」の基準についてはまた別の機会に書きたいと思います。

大切な家族に与えるのは・・・手作食かオススメです。犬は野生の時代、群れで暮らし仲間たちと同じものを食べていました。あなたの家族も本能的におなじごはんを食べたいのです。家族と同じものを食べることで問題行動がなくなるという説もある程です。

動物病院の賢い選び方5選。-時にはセカンドオピニオンが命の分かれ目に?

動物病院の選び方選
犬を飼っている人にとって、毎月のフィラリア予防やノミダニの予防薬、予防注射など動物病院のお世話になることって多いと思います。みなさんは、いま通っている動物病院に満足していますか?なんとなく選んでなんとなく通っているという方も多いのではないでしょうか?今回は、動物病院の賢い選び方についてお話します。

我が家の2女クーが14歳になる少し前、急にごはんを食べなくなりました。かかりつけの動物病院へ受診したところ

「暑さのせいで食欲が低下したのだろう」

と言われ何の検査もせず(今思うと診療終了時間を過ぎていたので時間をかけたくなかったのでは?と思います。)ドッグフード缶詰のサンプルを渡され様子を見てくださいとの診察でその日は帰宅。それでも数日、ごはんを食べないのでもう一度同じ病院へ・・・。血液検査をすると肝機能障害で肝臓の数値も黄疸も酷く入院して抗生剤と栄養剤の点滴。入院中にエコー検査で肝臓の状態を詳しく調べることに。エコー検査するも原因不明。抗生剤も効かず状態が改善されないので退院しました。その後も不調が続き、病院へ電話するも忙しくて対応できないと看護師の事務的な応対に痺れを切らして、2つ目の病院に受診。

そこでエコー検査で胆嚢粘液腫瘍で胆嚢が一部破けていると判明。肝機能障害は胆嚢の不具合からとのことでした。最初の病院長はエコーなど超音波診断の権威ということで、近隣地域では評判のよい病院です。先代のパグからの利用ですから15年以上のかかりつけ病院でした。他のスタッフさんに問題もありいろいろありましたが、院長先生は診断を自信をもっておっしゃる方だったので信頼していたからです。

でも、もし2つ目の病院へ連れて行かなければ、死んでいたかもしれません。
このようにセカンドオピニオンが生死の分かれ目になることもあるでしょう。そうならない為にも、私の経験から賢い動物病院の選び方5選を書きたいと思います。

予防薬や健康診断など平常時にかかって様子を調べておく

お腹を壊した、歩けなくなった、ごはんを食べてくれない・・・など具合が悪くなってから初めてかかるのではわからないことも多いので、普段、毎月のノミダニ駆除の予防薬や健康診断で利用してみてください。病院内の整理整頓や清掃が行き届いているか?受付の動物看護師さんの対応はどうか?予約が取りやすいか?確認しておいてください。いざと言うときに予約が取れないのでは困りますし、他の患畜の様子を観察していると緊急性がないか、容態をこまめに見に来ていただける看護師さんや獣医さんがいる病院は安心できます。

診断結果や治療方針をちゃんと説明してくれるか?

専門用語を使わず私たちがわかりやすく説明していただけるか?どのような治療で、薬に対する副作用についても説明があるといいでしょう。また治療にどのくらいの費用がかかるのか明確な説明がある病院が好ましいでしょう。検査結果のデーター表など専門用語の略記号で書いてありますから、医療従事者でなければわかりません。数値の変化についても説明していただきたいものです。また、こちらからの質問についても面倒くさがらず説明していただきたいですね。

大学病院など大きな病院でMRIを勧められたら要注意

獣医さんは犬、猫、うさぎなどの小動物も診察しますが、研究している専門があります。オールマイティーに診察するわけですが、経験や得意分野があり得手不得手左右されるみたいです。それに学んできた出身大学にはCTスキャン、MRIの高価な検査器具がありますが、ほとんどの町の動物病院はあってもエコーなど超音波診断装置くらいです。エコーで解るのは限界があるそうで、そこに獣医さんの経験値が大きく関わってくるそうです。身体の不調の原因が判明しない時、出身大学で全身麻酔の上MRI検査を勧められますが、要注意です。全身麻酔での検査の前に、別の病院へ・・・セカンドオピニオンを受けてみてください。原因が解ることがあります。

インターネットの口コミサイトはあてにならない

Yahoo!やGoogleなど「○×動物病院」と「口コミ」で検索すると、結果が1~3ページにわたりたくさん情報サイトが出てきます。しかし内容を読んでみると大抵悪いことは書いてありません。こう言った口コミサイトは投稿するのに運営者側のチェックが必ずあり、悪いことは載せないようです。2チャンネルを見てみると誹謗中傷のような書き込みも多いのですが、真実の口コミも含まれているようです。

近くのトリミングサロンには情報が集まっている

トリミングサロンをご利用される飼い主様との普段のやりとりで、いろんな情報や噂話が入ってきます。「△◇病院は高い」とか「×▽病院でこんな対応だった」など。病院選びで困ったときは、近くのトリミングサロンやペットショップ、愛護団体など犬猫に携わってるひとに訊いてみてください。だいたい親切に教えていただけると思います。

動物病院の賢い選び方5選まとめ

5つのポイントについていろいろ書きましたが・・・

  • 平常時の利用のお勧め
  • 判りやすく説明してくれる
  • 大きな病院を勧められたら先ずはセカンドオピニオン
  • ネットの口コミは信じない
  • 他のプロに訊いてみる

です。あなたの大切な家族の命を守れるのは飼い主さんだけ。賢く選んでもしものときに備えて置いてください。